「黒船ハーマン号」慰霊祭に参加

朝日新聞社様、誠に有難うございました。
御社記者の丁寧かつ真摯な取材や記事に胸を打たれました。
また動画まで作成下さり一生の宝物、励みと致します。
この場に立たせて戴きました事、命がけで救助下さり149年間、一途に祈り続けて下さった勝浦の皆様のお陰です。

県民でさえ知る人ぞ少ないハーマン号事件、映画「タイタニック号」は余りに有名ですが、日本にこうした歴史的真実と市民の勇気と愛・・・、玄孫として更に勉強し余す事無く次の世代にお伝えすることは、救助下さった命の重さの如く、命がけの使命と心に刻みました。

 

追記

千葉日報社様、丁寧な取材と記事、温かい応援、胸がジーンときました。
私と母そして本名、菅原長弘坂田大豊爺(道真の直属、最後の菅原姓)も天の御国で見守ってくれていると思います。この思いを全て勝浦の皆様にお捧げしたいです。

アミュゼ柏にて国連世界食糧デー千葉北シンポジウムに出演

2017年9.月30日 アミュゼ柏にて国連世界食糧デー千葉北シンポジウムに出演致します。入場無料で募金制となっております。
アーチストとしてずっと願っていた、こうした活動ですが、皆様のお支えにより舞台へと押し出して頂き、心より感謝申し上げます。

初共演となるクック香織氏、厳しいアメリカを渡り歩いてきた方です。
私は街の伝説のいじめられっ子だったタケシのままです。いじめやいつ止むか分からない暴力や脅しから、やはりトラウマで人との接触を恐怖します。

でも音楽が心と脳波を整え信仰が社会復帰への勇気を与え、根底にあった「見返してやるぞ」から「赦し」へと人間的幅を与えてくれました。

音楽はいと高く国境を越え人々に「希望」を与え~皆様おひとりおひとりの「気づき」は子供達の未来を明るくする「力」です。

実は食糧一つから、いじめや格差、環境問題、過労・児童強制労働問題、教育、守るべく基本的人権問題、国際情勢の全てが一直線で繋がっているのです。

各々自分の事としての問題意識がこれからの「平和」へと繋がるんじゃないかな~って思うんですよね!!

それを信じ私は演奏します。

アミュゼ柏にて国連世界食糧デー千葉北シンポジウム

朝日新聞にて活動が掲載されました

忘れられない感動の記事。このような私がお恥ずかしいばかりです。全てこれまで応援下さった皆様のお蔭です。心より厚く御礼申し上げます。

2017年2月22日 朝日新聞・朝刊、キラキラ輝く記者のオーラ、カメラとペンをもってアクティヴで~聞くべきポイントは波動砲のように鋭く・・・今、思い返すと新聞が出来るまでの過程は大きな芸術です。22日のあの日は、一歩ずつ汗水たらして歩いてきたからこそと思いました。これに甘んじず更に気を引き締め頑張ります!

画像に含まれている可能性があるもの:1人

第9回 東邦ちばミューズの会に出演

一人一人持分で今回私はプログラミングを担当。
そこで感激、前半のトリはベートーヴェン最高傑作「Appassionato f-moll Op57」、後半は華麗なショパンのバラード、なんと全曲がお聞きできます!!そして偉大なリスト・・・こんな贅沢なプログラム私も客席で聞きたいです。

クラシック初めてお聞きになる方もこの名曲を聴くと絶対ハマります!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

松ヶ丘自治会館 「野馬土手」創立5年記念パーティーに出演

本日、 13;30 松ヶ丘自治会館、いよいよです!歴史や平和、そして街の小さな人のつながりから大きな平和は築かれること、私なりの音楽メッセージとしてのプログラムを組みました。

自動代替テキストはありません。
先日、初めてオバマ大統領が広島・長崎を訪れました。
島唄、スティーブン・スピルバーグ監督映画「シンドラーのリスト」メインテーマ、心を籠めて演奏します。
私達家族の若かりし日、カナダやハンガリーで身をもって伝えてもらった戦争から、命からがら逃れ亡命したユダヤ系の友人の思いをのせて、頑張ります。

流山市生涯学習センターにて 歌の日コンサートに出演

いよいよ今月19日、流山市生涯学習センターにて歌の日コンサート開演です。素晴らしいアーチストの皆さんが流山市を盛り上げよう~応援しようと、祈りをもって駆けつけてくださいました。
そして多くの協賛企業とスタッフの皆様のご協力から初めて実現するこの歌の日コンサート、心より厚く御礼申し上げます。

チラシをご覧ください!!!
歌に深みと磨き抜かれた技、私たちの心の支えである先輩アーチスト、そして若い力のほとばしりも感じられる最高のステージとなる事でしょう。
皆様のお越し心よりお待ち申し上げます。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル

「熊本日日新聞様」様にて日頃の活動について掲載いただきました。

2015年11月「東葛まいにち」さんにて日頃の活動について掲載いただきました。ひとえに皆様の暖かい応援と新聞社皆様のお力沿いのお蔭と心より厚く感謝申し上げます。

中川 毅さんの投稿 2018年9月22日土曜日

 

【参考記事】

環境問題・いじめ問題に取組む「バイオリニスト中川毅さん」

江戸川大学にて公演・演奏会

2015年5月22日、江戸川大学での演奏会・第1部。

夢のような一年の集大成!
音楽と環境問題について冊子というより最早、一冊の本の完成に至りました。
吉永先生、学生の皆さんと築いた関係から全てが始まったのです。
当日、吉永先生ご夫人もいらして下さり撮影下さいました。
学生さんとの対話、質問コーナーもありを活気に満ち満ちていました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:1人画像に含まれている可能性があるもの:1人

 

歴代の教授・学者が講義したこの神聖な教壇にこんな私が立たせて戴き恐縮。
演奏後、ご婦人のエスコートにより御茶とキャンパス一周!
江戸川学園は流山市にありまさに誇り!
まるで海外にいるように美し自然が守られています。
学生さんや留学生さんの笑顔でいっぱいでした。
人生で最も大事な青春期、この素晴らしい環境で学問する事は恵みです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人